top of page
検索

9日草の日、そして20日は蜂の日。

こんにちは。

「2日か9日」としていた草見の会ですが、参加者の集まりぐあいから

9日の開催ということに決めました。ついては募集しめきりを6月7日

(土)まで延長いたします。

なお当日は通常の店舗営業はせず、でも11時半には鍵をあけ、焼き

菓子やドリンクなど3時間分の腹の足しをならべて参加者のみなさま

をお待ちしています。理解をより深めるために、植物ガイド持参で予習

の時間もいいと思います。どうぞ気ままにおすごしくださいませ。


店の周りですこしずつ花の色がめだちはじめています。

そしてもうひとつイベントのおしらせ。

同じく6月の20日(金)、網走から養蜂家関高史さんをお招きして、

蜜蝋キャンドルづくりのワークショップと、謎多き養蜂家の暮らしぶり

をしるお話し会をあわせた、ぶんぶん蜂づくしの会をひらくことに

決まりました。山、鳥、草ときて次は蜂なのです。

以下、概要です。

6月20日(金) 14:00~16:30

参加費1000円(材料費込み)で、定員2名~10名で本日から予約

をうけつけます。

当日は貸切営業として11時30分にオープンし、蜂蜜をつかった、

この日かぎりのランチメニューもご用意する予定です。

翌21日の夏至を蝋燭の仄かな灯りですごしたいという方、やさしく

薫る蜜蝋の、それも手づくりの蝋燭なら安らぎもひとしおかと

おもいますが、いかがでしょうか。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page