top of page
検索

21日からの「月のチーズ」販売会のご案内

こんにちは。

秋休みもおわりにちかづき、キッチンでは仕込みを再開。広報係からは

今週土曜の営業日からの催しについてのお知らせです。

『月のチーズ販売会』 11/21~売り切れまで 

道内ではめずらしくフレッシュタイプ専門のチーズ工房として創業し、

地元産素材に光をあてながらクリームチーズなどを作り続けている

月のチーズ。もともとは東京にある輸入販売会社の営業職として世界

のチーズ産地をめぐり、仕入れ、売る立場から一転、道北は滝上町

の小さな集落におちついてつくり手に、というユニークな経歴をもつ

月村良崇さんが代表をつとめます。

「パリジャンがマルシェの量り売りでまいにち気軽にチーズを買って

いく。そんな文化と、そのためのチーズを日常的なものにしたい」。

それが10数年前の月村さんに独立をうながした思い。だからその

手から生まれるのはとくべつではなく、日々、なにげなく食卓にあり、

気軽に口にはこばれるチーズです。自然で身体によくて。

月村さんのチーズづくりは、だから搾乳からスタートします。まだ

夜のあけないうちに、信頼をよせる牛飼いのもとへでむき、こまやか

に状態をたしかめて持ち帰る。それが月のチーズの素になります。

できあがったチーズは毎日すこしずつ酸味がぬけて味もかわります

が、それは安定剤や調整剤などの添加物に頼らないことの証です。

その誠実な姿勢と、だからこそのまじりけのない美味しさは全国的に

たかく評価されていて、東京発の雑誌ではお取り寄せグルメの名品

と紹介され、道内外の大手百貨店の道産チーズ棚ではすっかり

定番品となっているようです。

以前から「いつかご一緒できれば」と温めていた思いに月村さんが

こたえてくださって、本企画が実現。コクがあるのにクセがなくて、

あわせるものの旨みを絶妙に引き立ててくれる(当店のスコーンとも

驚きの好相性でした)プレーンのほか、ギョウジャニンニクや

ハスカップといったフレーバータイプが4種というラインナップ。

そのままでもスプーンが止まらず、パンにクラッカー、サラダと、

多様な組み合わせで食事やおやつの時間を愉しませてくれる

クリームチーズを、この機会にぜひ味わってみてください。

写真とより詳しい内容は金曜の商品到着後にまたあらためて。


閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

Comentarios


bottom of page