top of page
検索

詩とクラッカーと雨の午後

雲からまっすぐに零れ落ちてきた雨が、音もなく地表に

吸い込まれていきます。気温は20℃くらいでしょうか、

窓をあけないですごす昼はひさしぶりです。

灰白色のお椀をかぶせられたように四方を雲で閉ざされ、

どこにも道が通じてないような気がするこんな日は、どこ

か気にいりの一か所に陣どり、読書に耽りたいもの。

かたわらに珈琲と片手でつまめる焼き菓子があれば

言うこと無しです。


「世界はうつくしいと」 長田弘著

日本を代表する詩人で、児童文学や評論など幅広い

分野において活躍された長田さんはことし5月に逝去。

50年におよぶキャリアにおける数多の著作のなかでも

とくに気にいりの1冊です。

詩といっても無暗に想像力を要求されることはなくて、

飾り気のない言葉がすっと心に浸みこんできます。


焼きあがったばかりのシナモン薫るライ麦クラッカー100円)

と、テイクアウトした珈琲を携えて活字の世界をうろうろする

午後、どうですか。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page