top of page
検索

言葉はひかり

こんにちは。

きのうお知らせした季節限定夜の図書室の開館日が、まず1日分

きまりました。

9月18日です。この日は金曜で定休日にあたりますので、オープン

は18時から。20時ころまでの2時間、心ゆくまで本が内包する栄養

成分をとりこんでください。

今のところあと3組6名分の席があります。


集中するのにもってこいのこの薄暗さでお迎えします。

言葉のもつ力を実感する本が入荷しました。


左「孤独の愉しみ方 森の生活者ソローの叡智」 

ヘンリー・ディヴィッド・ソロー

右「忘れてきた花束」 糸井重里

ひかりのような言葉のあつまりです。ちょっと足元がぐらついたり

先の見通しが効かなくなったときにひらいてみてほしい。

どのページにも「うん、大丈夫かも」と思わせてくれる安心が

飾らない言葉で綴られています。

ルソーが自給自足の生活のなかから紡いだ言葉には確かな

響き、説得力があって、文明に依存しすぎることへの警鐘に

思いきりどきっとさせられたりもします。

「人間は自分がつくった道具の道具になってしまった」

はい、気をつけます。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page