top of page
検索

秋をむかえました。

日中の日差しにはまだ夏にちかい熱量を感じますが、日のかげる

時間帯や場所の空気ははっきりと秋のものにかわったこの頃。

今年はまとわりつくような熱気にほとほとうんざりしていたので、この

変化をとくに心待ちにしていました。涼しくて過ごしやすく、おいしい

ものが身近に溢れていて毎日がここちよい。 1年のうち、秋が5ヶ月

くらいあってもいいと個人的には思いますがどうでしょう。

さて、今週末のメニューをお知らせします。

今日のサンドはヨーグルトとクリームチーズでつくった甘めのソース

とバナナ、ブルーベリーを挟んだ『フルーツサンド(430円)』。おやつ

は『ブルーベリーのマフィン(250円)』です。

週末メニューには『ズッキーニとひき肉の地粉カレー(850円)』と

『ポークビーンズサンド(480円)』の2種類をご用意しています。

そして届いたばかりの書籍もご紹介。

それぞれの解説は後に譲るとして、今日は作品名、著者名、税込価格

に簡単な紹介を記しておきます。 

「パテ屋の店先から  林のり子著 1836円」

田園調布で40年近くつづく洋風総菜の店、パテ屋店主の料理エッセイ。

入荷のたびにすぐ売れる人気作です。

「ナマケモノのいる森で  ヌック・ボワロベールとルイ・リゴー/しかけ

 松田素子/訳 2376円」

いつまでも読みつがれるであろう、感涙の名作。なにはともあれ

まずはご一読ください。 

「マルコヴァルドさんの四季  イタロ・カルヴィーノ著 735円」

「みどりの小鳥  イタロ・カルヴィーノ著 864円」

空想的なストーリーの中に現代社会のありようを滲ませる作風で

しられるイタリアの現代作家…だそう。まだ未読ですが、とても評価され

ているので取り寄せてみました。

「作りたい、食べたい、12ヵ月のシンプルレシピ  渡辺有子著 

 1512円」

料理家で著書も多い作者による旬の素材をつかったレシピ集。

実用的で料理写真のきれいさも◎。

「ときめく小鳥図鑑  中村文著 1728円」

学術的な要素よりも著者の愛着を前面に押し出して編まれる、

山と渓谷社のときめく図鑑シリーズの最新版。とはいえ軽すぎず

図鑑的情報もしっかりな、小鳥好き必携の1冊です。

「育てて楽しむ手のひら園芸  榛原昭矢著 1620円」

なんちゃって園芸からの脱皮のために必要だったもので…。

「ぽてんしゃる。  糸井重里著 1620円」

すっかりおなじみほぼ日からの作品。心にとどめておいて、ふとした

ときに取りだしたいことばが今回もたっぷり。

「ふふふんへへへんぽん!  モーリス・センダック著 1620円」

これも未読なのですが、レビューをみて即決。かいじゅうたちのいる

ところの著者の隠れた名作と謳われる期待の1冊です。

以上、ながくなりましたが、どうぞお楽しみに。


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page