top of page
検索

毛糸と雑貨の企画展『北欧で編む』は17日から。

こんにちは。

1月の予定のなかでおしらせしたとおり、今週の土曜日より

企画展『北欧で編む』がはじまります。

昨年にひきつづき商品提供はこのたびも札幌のpresseさん。

おっとりしてるふうなのに気風がいい店主須藤さんが、こちらの

わがままをあっさりききいれてくださったおかげで、かなりの

ボリュームの毛糸、それに少数ながらいい表情をした雑貨を

揃えることができました。

主役をつとめるのは北欧の荒々しい大自然のなかに放たれ、

風雪に耐えながら育った羊からとれる「sirri毛糸」です。

産地はアイスランドのちかく、北海に浮かぶフェロー諸島。

人口のほぼ倍の8万頭もの羊が放牧され、羊の島と呼ばれる

この地で採集される羊毛は、古くから漁師の防寒用として

重宝され、凍てつく海風から身体を護りつづけてきた歴史

をもつもの。油分がおおめで、よく空気をふくむから温かさ

は折り紙つきとのこと。繊維がつよく編みやすいのも特徴

です。

合太は9色、中細で13色。ウールそのままのナチュラルな

色味から、染色をほどこしたカラー毛糸までバリエーションも

さまざまございます。

ほかには前回も人気だった、フィンランドの新進テキスタイル

ブランドkauniste<カウニステ>の新作で白鳥をモチーフにした

ブランケットやキャンドルホルダー、なんともいえない色合い

のマスタードポットにラトビアのカゴ、ユニークで愛らしい柄の

ミトン、クロスなども。

そうそう、北欧といえばのムーミン絵本なんかもありますよ。

『北欧で編む』

 1月17日(土)11:00

    ~2月22日(日)17:00

21日午後には、デンマークで四季をすごした僕の友人を

招いて「組織論の研究者と父親の目線でみた北欧」と

いったテーマのちょっとしたお話し会(予約制)でひらくこと

になってます。詳細はまた後日。


閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page