top of page
検索

植える季節の新作スコーン

世間(といっても、この界隈のことですが)はもっぱら植えつけの季節。

苗をつみ、畑をすすむトラクターを目にしない日はありません。そんな

様子に刺激をうけたのかどうか定かではありませんが、キッチン班が

種をうめこんだ新作スコーンをこさえました。


さとう控えめ、塩をきかせた生地にピスタチオをうえこみ、

さらにちょこんと一粒のっけてこんがり焼きあげた

『ピスタチオスコーン(220円)』です。

農家の皆さん、日差のしたでの農作業で失われた塩分の

補給用に一粒いかがでしょうか。

さて、もっか鳥の会につづく勉強会を画策中です。題して

「あの草の名前をよぼう」。そう、テーマは草です。

私たちがひごろ「雑草」とひとまとめにして扱っている、あまりに

身近な野草について、知識を深めてみましょうよという提案です。

どんな小さな存在にだって個性はある。きっと楽しい発見がある

と思うんです。内容としては、たとえば当店から来運遊水地の

あいだを往復し、その行程でみられる草花について、くわしい人

に解説してもらう、そんな遠足的なものをイメージしています。

日取りはいよいよ緑が茂っていく6月あたまにでも。

どうでしょう? ご興味あるかたはアクションをいただけると

嬉しいです。詳細はまたご報告していきますので、また本ブログ

をのぞいてみてください。

それではまた。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Yorumlar


bottom of page