top of page
検索

森について考えてみる

こんにちは。

朝のうちいっぱいだった雲はいつのまにか縮んで、いまは平和な

日差しが緑をきらきらと輝かせている清里。気温も高めです。


『甘夏ショコラマフィン(250円)』などなどご用意して本日もお待ち

しております。

さて、短絡的すぎるとか非現実的という自分の声に耳を傾けながら

書きます。後継者が見つからないなどの理由で手放される田畑が

あると聞きます。そのたびにこう思うのです。じゃあ、森に戻してみ

ませんか、と。木を植えたり水の流れをつくったりしながら、もともと

そうであった姿に戻してみては、と。

農業に詳しくない僕でも、隣接する耕作地への影響があることくらい

は想像がつきます。でも少なくとも、どなたかの負担も一緒に梳き

こまれる土から良い作物が育つとも思えませんし、ひとが(機械を

操ったとしても)相手にできる自然の範囲には限りがあるとも最近

感じるのです。だから手放して、還す。

この、けっして大きな声では言えない素人の思いつきをブログだけ

にこっそり残そうとおもったのは、この絵本を読んだからです。

『森はだれがつくったのだろう? 』


耕作放棄地となった200年前から豊かな森が形づくられていく

までの、とある土地の変遷を時系列に沿って丹念に描いた絵本

です。



森はだれがつくったのか? モノクロで描かれたさまざまな動植物

がタイトルの回答として各ページに登場し、ページを捲るたびに

目を楽しませてくれます。シンプルなペン画だけど優雅で、大切に

飾っておきたくなる1冊。

「みなさんのまわりにある草原や雑木林はどんなふうにしてでき、

どのように変わっていくのでしょうか。(中略)100年後の森の姿

を想像するのは、とても楽しいことではありませんか」

訳者の河合雅雄さんが冒頭で書いたこの文章に、一緒にうんうん

と頷いてくれるひとがいるといいのだけれど。

童話屋 税込1404円

閲覧数:0回0件のコメント

Commenti


bottom of page