top of page
検索

本読みの季節に夜の図書室。

こんにちは。

ぼへぇ~と口が閉まらない蒸し暑さも盆を境にぴたりと消えて、

長袖が欠かせないここ最近。あまりのギャップのせいか、もう秋

を迎えたような感がありますが、まだ8月。妙なズレに戸惑うこと

たびたびな毎日です。

今日のおやつはクリームチーズを贅沢につかい、大きめに

焼いた『ティラミスマフィン(280円)』。日差しに力があるので

カフェオレグラニテもご用意しました。


季節がわりでメニューにも少し変更があります。ルッコラが花

と実をつけてしまったので、「生ハムサンド」は終了。

プレートのジャムには柑橘にかわってブルーベリーを出して

います。

ところで読書の季節に、ちょっとした提案です。

「本に没頭したい。でも家のどこにもそのための静かな居場所

がない…」。そんな渇きに悩む人のために夜のひととき、店を

解放する、名付けて夜の図書室化企画。

概要はつぎのとおりです。

・4組8名定員の事前予約制。もちろん1名利用もOKです。

・食事の提供はありませんが、日によっては焼き菓子のご用意

があります。ワンドリンクオーダーをいただき、寒い日は暖房費

も少々頂戴します。

・持ちこんだり店内の蔵書を閲覧したり、販売本をお買い上げ

いただいたりして手にした書物と、何にも邪魔されることなく

向き合っていただく。だから余計なおしゃべりや電子機器の

使用はお断りいたします。

・時間帯は18時~20時くらい。9月は6日、13日、18日、27日

の4日間をとりあえず設定しています。予約は1週間前まで

(6日のみ、1日の火曜締め切りといたします)に電話か店頭、

もしくはメールでお願いします。

・天気の急変が怖いので、今年は雪が降る前までやってみます。

星空のしたでひっそりと灯りをつけている小屋のなかに、

音にならない言葉や思いがゆっくり静かに渦を巻いている。

そんな空間を思い描いています。



僕ら自身、探していた空間を目指していきます。

閲覧数:1回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page