top of page
検索

本の紹介 絵本編


日が落ちてきたけど、まだライトを必要としない午後のいっとき。

窓から忍び込んだ光が、白樺の葉を操りながら壁に捉えどころのない

不思議な模様をひとしきり描き、それから消えていきました。

いや~、つくづく良い場所で過ごせているなあとしみじみ。

さて、シリーズHUTTEの蔵書紹介の3回目は、良い子のみんな、

そして純粋さを失わない素敵な大人たち、集まれ~~の絵本編です。

絵本に求めるものは人それぞれかと思いますが、個人的には「筋が

明確かつシンプルで、さらに10分程度で読みきれる頁数」であること

が大事だと思ってます。ちょっとした隙間の時間に手に取り、心が

たっぷり温もったところではいおしまい。お休みなさ~い。

そんな、小さくて薄いのに豊かなメッセージが詰まった、「すぐ効く」

絵本との出会いに、特に歳を重ねた今、余計に価値を感じるこの頃で

あるのです。さ、前置きはこれくらいにして1番のお気に入りからどん。

『しろいうさぎとくろいうさぎ』 


文・絵/ガース・ウィリアムズ 訳/まつおかきょうこ

小さな野うさぎの愛のお話し。表情と質感に富むイラスト。平易なのに

ぐっとくるセリフ(まつおかきょうこさんの訳がなにしろ秀逸)。絵本の

中の絵本です。手に取るたびに普遍的な愛のかたちに胸打たれます。

『LITTLE FUR FAMIRY』 


文/マーガレット・ワイス・ブラウン 絵/ガース・ウィリアムズ

まず表紙に脱帽。だって、描かれた熊のお腹からふわ毛(なんの毛が

使われてるんだろう?)が飛び出てるんですから。店を訪れる子どもたち

にも大人気です。全編英文ですが、絵を追うだけでも楽しい。

『パン屋のくまさん』


文・絵/フィービとセルビ・ウォージントン 訳/まさきるりこ 

一人(一匹)パン屋を営むテディベア(熊じゃありません。熊のぬいぐるみ

ですよ!の一日の始まりから終わりまでを綴ったという設定で1本。僕は

彼に憧れてカフェ店主になろうかと…というのは冗談ですが、子どもは

それに近い感想を抱くかも。しかし、無表情のくせしてどうしてこうも人を

惹きつけるのか、テディベア。そっちはほんとに憧れる…。

『せかいでいちばんすてきなないしょ』

文・絵/クリフ・ライト 訳/おかだよしえ 

動物ばかりが続きますが、こちらも熊が主役です。ささいな誤解が喧嘩

に発展し、サプライズを経て仲直りという絵本の王道的ストーリーですが、

舞台設定とイラストの良さが特別。


途中、主人公のすさまじい破壊を伴う(笑)怒りっぷりにどきどき

させられる頁が。可愛い顔して暴れると怖いのがクマですね。

『クマの名前は日曜日』

文/アクセル・ハッケ 絵/ミヒャエル・ゾーヴァ 訳/丘沢静也


見てください。白クマがペンギンを舐めています。アイスクリームかと

思いきや、生ペンギンです。なんておそろしい…。

海外の絵本好きには、この本の作者たちはすっかりお馴染みかと思い

ます。摩訶不思議でちょっとグロテスク。そこに風刺を混ぜた超現実を

独特の深みあるイラストと巧みなストーリー展開で描き出すコンビによる

1冊です。創造力を養いたい方必読。 

 あれ…ついついこんなに長くなちゃったけど、まだお披露目できてない

秀作がいくつも。やっぱり絵本話は盛り上がっちゃいますね。近々続編

アップします。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

焼き菓子と珈琲と良い音楽と

こんにちは。 今週末は曇り空の下でオープンしました。アスファルトも畑の土も 雪のした、昨日ちらっとだけみえた斜里岳も麓ちかくまで白く染まって いました。 今日はおやつに『くるみと珈琲のマフィン(250円)』、日替わりのベーグル には、クリームチーズ本来の甘さとペッパーの塩気がほどよくブレンド されたスフレを生ハムと一緒に挟んだ『生ハムとクリームチーズのスフレ サンド(430円)』をご用意してお待ち

本の紹介 新しいの(販売分)も入荷したよの第4回

こんにちは。ご機嫌いかが? だれかれかまわず、そんな柔らかい挨拶を交わしたくなるぽかぽか 陽気の本日です。気温も2ケタをこえ、町内ではのびのびと花を 咲かせる桜も目立つようになりました。春本番。お出かけ日和です。 ひさびさの蔵書紹介は、さいきん中高年の男性によく手に取られる (それがなんだか嬉しい)ムーミンシリーズです。 時代と国境をこえ、世代を問わずに読みつがれるこの世界的ファンタジーを 僕が心

でかけよう。

今朝の空は、春がすぐそこにあることを感じさせる柔らかな青。 雲にも冬のあいだにはみられなかった軽やかさがみられます。 「あー出かけたい。出かけなきゃ」 この青空の下、そうやってうずうずしている方もきっと多いの ではないでしょうか。 で、参考になりますかどうか。数も少ないのでなんですが、本日より HUTTE入り口横の書棚に旅系の閲覧用書籍を並べています。 道内、道外問わず、その地域に寄せる書き手の思

Comments


bottom of page