top of page
検索

本の紹介 忘れたころの第3回

こんにちは。

べったりと重い雲が張り付いた空の下を、ときどき雪をひきつれて

風が流れていきます。立春を過ぎ、日中の日差しで雪解けが進んでは

いますが、まだまだ春は遠く感じる今日の清里であります。

さて、今回はHUTTEの蔵書を思い入れコメントとともに紹介する

連載の3回め。

「え? まだ続いていたのか」と思われた方もおありでしょうが、毎月

だいたい2、3冊ほどは入れ替えがあるので、店が存続するかぎりは、

そして読んでほしい本があるかぎりは続けていこうかと思っております。

しかし2カ月はさすがに放置しすぎたなあ、反省…。

ささ、前置きが長くなりましたが参ります。

まずは完全に大人向けなこちらは

『岸辺のふたり』 

作/マイケル・デデュク・ドゥ・ヴィット   訳/うちだ ややこ


はっきりいって、情報量は限りなく少ないです。人によっては物足りない

内容に思われるでしょう。でもでも、余白の奥にひそむメッセージを

感じ取れたら、かならずや優しい気持ちで満たされる1冊です。

ちなみに訳はもっくんの奥さまです。

『クマのぷーさん』シリーズ

文/A.A.ミルン 絵/E.H.シェパード 訳/石井桃子


その名を呼ぶだけで平和な気持ちになれる永遠のアイドル、

プ―さんの絵本がこちらをはじめ数冊並んでいます。中には、頁を

めくるたびに絵がぴょこんと飛び出す仕掛けものも。


ところでいつも思うのですけど、クリストファー・ロビンって名前、

かっこよすぎる。こんな名前に生まれたかった。

『エリック』

作/ショーン・タン 訳/岸本佐知子


不気味な表紙に騙されることなかれ。じつにハートウォーミングな

1冊です。作者は現代の社会問題を奇妙な生き物に投影させて

描いた『ロストシング』を放ち、短編アニメーション部門で

アカデミー賞を受賞した気鋭の作家さん。こちらはよりシンプルな

筋書きで絵の愛らしさ、ほろっとさせるラストの見せ方に笑顔に

させられます。

あ、もうこんな時間。休日明けはなぜにこんなにも時間が

早く過ぎてしまうのでしょう。今回はこれにて終了です。

いやー、本ってほんとにいいものですね。サヨナラサヨナラ。

あ、キッチンからチョコレートの甘~い香りが。明日からの連休は

マフィンともうひとつ、凍える日にぴったりの焼き菓子が楽しめる

ようですよー。詳しくはまた明日。

フェイスブックもひとつ、のぞいてみてください。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

焼き菓子と珈琲と良い音楽と

こんにちは。 今週末は曇り空の下でオープンしました。アスファルトも畑の土も 雪のした、昨日ちらっとだけみえた斜里岳も麓ちかくまで白く染まって いました。 今日はおやつに『くるみと珈琲のマフィン(250円)』、日替わりのベーグル には、クリームチーズ本来の甘さとペッパーの塩気がほどよくブレンド されたスフレを生ハムと一緒に挟んだ『生ハムとクリームチーズのスフレ サンド(430円)』をご用意してお待ち

本の紹介 新しいの(販売分)も入荷したよの第4回

こんにちは。ご機嫌いかが? だれかれかまわず、そんな柔らかい挨拶を交わしたくなるぽかぽか 陽気の本日です。気温も2ケタをこえ、町内ではのびのびと花を 咲かせる桜も目立つようになりました。春本番。お出かけ日和です。 ひさびさの蔵書紹介は、さいきん中高年の男性によく手に取られる (それがなんだか嬉しい)ムーミンシリーズです。 時代と国境をこえ、世代を問わずに読みつがれるこの世界的ファンタジーを 僕が心

でかけよう。

今朝の空は、春がすぐそこにあることを感じさせる柔らかな青。 雲にも冬のあいだにはみられなかった軽やかさがみられます。 「あー出かけたい。出かけなきゃ」 この青空の下、そうやってうずうずしている方もきっと多いの ではないでしょうか。 で、参考になりますかどうか。数も少ないのでなんですが、本日より HUTTE入り口横の書棚に旅系の閲覧用書籍を並べています。 道内、道外問わず、その地域に寄せる書き手の思

コメント


bottom of page