top of page
検索

本の紹介 和書編

こんにちは。

今日もHUTTEのホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

開店準備中のものすごい土砂降りから一転、上空はすっかりオホーツク

ブルーに染まっています。東へ流れる真っ白な雲とのコントラストが、

また眩しいお昼です。

さて、今回はひっそり連載「HUTTEの書棚」第2回として、棚に並ぶ

日本人作家さんの作品を書き連ねていきます。エッセーなどの

ハードカバーはまたの機会に譲るとしてまずは文庫本を、読み込んだ

順にレッツゴ―。

・『アラスカ 風のような物語』 星野道夫

 アラスカ滞在中の日々を、臨場感あふれる写真とともに綴った、

 様々な示唆に富む名著。ふとしたときに手にとって、ランダムに

 読んでます。 巻頭のムースの美しい写真だけでも必見。

・『羊をめぐる冒険』  村上春樹

 内容については説明不要でしょう。「取得」よりも「喪失」に

 人生の魅力を感じていた若き(青き)頃のバイブルでした。

・『風の歌を聴け』 村上春樹

 上と同じ理由で愛読。大学生にとっては麻薬的引力が

 ありますね。

・『北海道田舎移住日記』 はた万次郎

 下川町在住の漫画家による移住にまつわる歳時記。

 田舎暮らしの面白おかしい実態を「学び」ました。

他、『東京奇譚集』、『1973年のピンボール』、『カンガルー日和』

など、比較的古い村上春樹作品がいくつか。どんよりと重い読後

感に苛まれる夏目漱石さんの『こころ』、松浦弥太郎さんの随筆

『くちぶえサンドイッチ』。『高村光太郎詩集』に『銀河鉄道の夜』。

さらにこれから読みたい、片桐はいりさんのエッセー『わたしの

マトカ』、『グアテマラの弟』などもあります。…あれ、こうして

並べるとこっちもやっぱり文庫は少ないなあ…。ま、随時入れ替えと

入荷を重ねていきましょう~。 自宅に眠る本もありますので、

気になるものがあったら思い切って聞いてみてください。低い

確率で応えられるかと思います(笑)。

そして次回は、紹介も楽しい「絵本編」です。お楽しみに。

店内は少しずつ冬支度を、ということでストーブの動作テストを済ませ、

膝掛けも数枚増やしてあります。ぜひどうぞ。

最後に11月のお休みのお知らせも。

11月10日(土)~13日(火)の間は出張のためお休みさせて頂きます。

詳しくは以下よりご参照ください。よろしくお願いします。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

焼き菓子と珈琲と良い音楽と

こんにちは。 今週末は曇り空の下でオープンしました。アスファルトも畑の土も 雪のした、昨日ちらっとだけみえた斜里岳も麓ちかくまで白く染まって いました。 今日はおやつに『くるみと珈琲のマフィン(250円)』、日替わりのベーグル には、クリームチーズ本来の甘さとペッパーの塩気がほどよくブレンド されたスフレを生ハムと一緒に挟んだ『生ハムとクリームチーズのスフレ サンド(430円)』をご用意してお待ち

本の紹介 新しいの(販売分)も入荷したよの第4回

こんにちは。ご機嫌いかが? だれかれかまわず、そんな柔らかい挨拶を交わしたくなるぽかぽか 陽気の本日です。気温も2ケタをこえ、町内ではのびのびと花を 咲かせる桜も目立つようになりました。春本番。お出かけ日和です。 ひさびさの蔵書紹介は、さいきん中高年の男性によく手に取られる (それがなんだか嬉しい)ムーミンシリーズです。 時代と国境をこえ、世代を問わずに読みつがれるこの世界的ファンタジーを 僕が心

でかけよう。

今朝の空は、春がすぐそこにあることを感じさせる柔らかな青。 雲にも冬のあいだにはみられなかった軽やかさがみられます。 「あー出かけたい。出かけなきゃ」 この青空の下、そうやってうずうずしている方もきっと多いの ではないでしょうか。 で、参考になりますかどうか。数も少ないのでなんですが、本日より HUTTE入り口横の書棚に旅系の閲覧用書籍を並べています。 道内、道外問わず、その地域に寄せる書き手の思

Comments


bottom of page