top of page
検索

本からも人からも学びます

「これから1週間のうちにもノビタキがオホーツクにくるでしょう。」

せんじつの鳥の会のなかで川崎さんから賜った「お告げ」がけさ、

現実になっているのを確認しまして祝福ムードに包まれる

HUTTEです。

さて、今日は喫茶営業。食事はありませんが、焼き立てのほや

ほやのベーグルがございまして、店内でお召し上がりいただく

こともできます。明日からはいつものメニューです。

おそらく来週末には到着するはずの書籍ラインナップはこんな

感じになりました。自然に触れ、学ぶ。そんなテーマを念頭に

いつもより数回多く篩にかけて選びました。

<写真・実用書>

ドライフラワー図鑑

あなたに贈る四季の色

ききがたり ときをためる暮らし

<詩文集>

世界はうつくしいと

<絵本>

ナゲキバト

おくりものはナンニモナイ

ナマケモノのいる森で

木のうた

森はだれがつくったのだろう?

29日の「空をみあげる」に続く、身近な自然を学ぶ勉強会の

案件がまとまりつつあります。講師内田学芸員のキャラクター

ごと好評の「あの草をなまえでよぼう」第3回です。今回は

来運公園まで歩き、道ばたや公園内に伸びている植物たち

のなまえと個性を学びます。5月18日の開催予定。ちかく

募集をはじめます。

さらにもうひとつ、実現したら嬉しい案件が。

鳥探し遠足の講師として先日お越しただいたばかりの川崎

康弘さんに再びお願いし、「こんどは御自身の仕事論や人生

観を披露していただけませんか? 」とオファーしたところです。

「鳥も深いけど、この人自体もそうとう深いよね…」。

鳥の会をひらくたびに積み重なるばかりの、川崎さんをこそ

知りたいという欲求。同じ思いを抱えてる人もいるようです

ので、ぼちぼちそのへんすっきりさせようじゃないかと。

「世の中の価値観からは相当ずれてる」と本人は謙遜されて

ますが、だからこそ学びたいし、個人的には子どもの進路

設計にもよい影響があるのでは? ともひそかに思ってます。

こちらも詳細はまたいずれご案内します。


閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comentários


bottom of page