top of page
検索

書籍の紹介『種子たちの知恵』

花の真の意義は、咲き終えたあとにあります。

植物の最終目的はタネをつくり、次世代に命をつなげること。

花は通過点に過ぎません。

美しい花びらも甘い香りや蜜も、実を結びタネをつくるための小道具に

すぎないのです。

タネがいわばマイクロカプセル。みずからの設計図である遺伝子と、

芽が育つための栄養が詰め込まれています。

新しい場所で新しい世代を担うべく、タネたちは旅立つのです。

多田多恵子さん著、『種子(タネ)たちの知恵』のまえがきからの

一節です。はっとさせられました。事実として知ってはいることの

はずなのに、なんだかつよい説得力をかんじて読みたいきもちが

ぶわっと膨らみました。


発行/NHK出版 1512円

題名どおりの内容ですので詳しい説明はしません。感想としては

世代交代をくりかえすなかで植物が必死で獲得し、じぶんのもの

にしてきた工夫、知恵のかずかずはユニークでユーモラスで驚き

と感動がとまりませんでした。そして、その巧妙なテクニックの

ひとつひとつを説き明かしたひとたちの努力と分析力にあたまが

さがるおもいです。


よく名前を知られたみぢかな植物がおおく取り上げられて

いるのも本書の特徴。店のまわりに自生する植物をみつけた

ときの嬉しさは、知人のなまえをメディアに発見したときに

にたものがあって、おもわず「おおっ」と前傾姿勢になっちゃう

こともしばしばありました。

かとおもえば


うみのむこうの珍しい植物も。なんともおもしろいかたち。

なにげなく目にして、おや?とおもうものの、そのままとおりすぎて

しまいがちな植物や、その種子、葉。そのかたちのすべてに理由

があるとしると、むきあいかたがかわってきますね。春がますます

たのしみになってきました。 

閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page