top of page
検索

春とオオワシとベンチ。

春はわかれの季節。卒業や転勤、転職をはいけいに、無数のわかれ

が世の中をみたします。


その威風堂々としたたたずまいで人々を魅了し続けるオオワシも、

オホーツクの冬の風物詩という役割を果たし終え、サハリンへと

帰郷する時期。先日、通りかかった黄昏時の小清水原生花園。

1羽のオオワシが過ごした日々に思いを馳せるかのように、じっと

留まっていて、そのしずかな背中に冬の終わりをかんじました。

はなしかわって、このベンチ。


昨秋の古物市でHUTTEにやってきて以来、あふれでる品格で

お客さんのため息を誘ってきた、このメイドインフランスが4月

13日をもって札幌へと還ります。つまり3週間とちょっとで販売

期間が終了なのです。これまでは看板付で58,000円だった

ところ、ベンチ単独なら45,000円とすこしだけ買い求めやすい

設定にできました。

丹精した中庭のシンボルに。正座すれば無理やりテーブル

としても使え…る…かも…? ともなく数十年のときを経てなお、

ひとの重みをしっかりと受け止める堅牢さはあります。

春は出会いの季節でもあります。別れのさきにまっている新

生活の希望のたねに、良質な家具との出会いをおすすめして

みました。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page