top of page
検索

小さな灯り


今日もまた目を奪われる夕焼けでございまして、

すかさずお店を飛び出してパシャリ。

ところで皆さん、こんな経験ありませんか?

初めて訪れた土地で道に迷い、辺りはもう真っ暗。

そんなさなか、遠くに目的地が宿す灯りをみつけて

ほっとしたこと。あるいは残業に疲れ果てた帰路、

見上げた自宅の窓に漏れる光に心が温められたこと。

思うに、「灯り」には無条件に人を癒す力が

備わっているんじゃあないでしょうか。

僕らは、HUTTEという店が同じような役割を果たせたらと

そんな風にも考えているのです。

長い航海を終えた船を優しく導く灯台のような。

そんなわけで最近は、看板がわりの白樺に小さな

ランタンを灯すようにしています。


17時過ぎから閉店まで点灯中。

今日はこちら、オホーツク民にとってのライトハウス、

斜里岳もいつもより赤く染まっていました。


閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

Commentaires


bottom of page