top of page
検索

古くて良いもの、たくさんです。

札幌と小樽からはるばるやってきた古くて良いものたちが狭い店内にて、

鈍くあたたかな光をはなっています。いつもとはまた違った雰囲気で、僕ら

もいつにもまして新鮮な朝を迎えました。


本日より『Realism・OLDECO presents 秋の古物市10日間』がスタート。

代表の高橋さんが自信をもってセレクトし、運びいれてくれたアンティークが

皆さんをお待ちしています。

ではさっそくそのうちの何点かをご紹介していきます。まずは作業台が2種。

取っ手付の抽斗が両サイドについたこちらは15000円(sold)。


作業台としては愛らしいルックスはパン作りなどにぴったり。 

そして黒の天板が重厚感たっぷりなこちらは29000円。1930代製、

がっしり堅牢な造りのロングライフな一品です。



フランスアンティークのベンチ、看板つきで58000円。値は張りますが、

こちらも世代をこえて使い続けられるデザインとタフさがうり。

こんなのが家や庭にある暮らしに憧れる人も多いのでは?

さいきん「収納」が気になるわたくしとしては、こんな棚、ハンコケースも

おすすめしたいところです。右のケースは1000円(上から2つはsold。

いちばんしたは1400円です)。

棚は6800円でほかにも数サイズあります。



デッドストックのノート200円やアルバム 1000円なども。

こんかいはこれまで。「これ買います!」の一声、「こんなのある?」なんて

お問い合わせもどうぞー。

なお、商品は大物もふくめ、基本的に配送は不可。当日あるいは後日

(要相談)お持ち帰りいただくことになりますので、ご了承ねがいます。 

通販のお知らせはこちら

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page