top of page
検索

まだまだ冬なオホーツク。

日に日に昼の時間がのびていますが、まだまだ冬のオホーツク。

明日あさってと、また低気圧が道東をいたぶりにやってくるそうです。

まあ、よほどの荒れ模様でないかぎり、吹きだまりなんかえいっと

ふみ越えてオープンする所存です。


ものすごい地吹雪だって、これはこれで悪くない景色だねえと思える

余裕がでてきましたし。

さて、「北欧で編む」で紹介している、しなやかで滑りの良いデンマーク

産ウール。編みやすかった~と、購入されたお客さんが自作の手袋を

披露してくれました(左と中の2点。右はじのは、そのお客さんの弟子

であるHUTTEキッチン班が挑戦した、はじめての子ども用)。


かせの状態でみると、「ちょっとインパクト強いかな」とおもわせる色

も、落ち着いた色と組み合わせることで違う表情をみせるようです。

そして、身につけてみるとちくちく感はまったくなく、ふわっと包みこま

れるような嬉しい感触があります。温かいのは言わずもがな。

たとえば手袋1組編むのにつかうのは1/3かせほどですし、ほんとうに

リーズナブルといえます。

販売は来週22日までです。

先日、たちよった小清水町の止別海岸には


バレーボール大くらいのサイズでごろごろごろっと浜辺を埋め

つくす流氷が。こんな表情もするんですね。ふしぎ。

そうそう、春のトピックスもひとつ。4月13日の月曜、人気企画の一つ、

鳥の会の第3回開催が内定しました! 春夏にみられる鳥を学び、

来運公園まで鳥見遠足という予定。時間など詳細はまたいずれ

インフォメーションしますのでお楽しみに~。

閲覧数:0回0件のコメント

Commentaires


bottom of page