top of page
検索

にぶく光るもの。

こんにちは。

べったりと濡れた窓のむこう、風にこづきまわされて揺れる白樺を

みながら更新しています。キッチン班はこつこつと明日のお昼の

準備中。予報どおり、明朝には持ち直してくれるといいのですが、

どうなることやら…なこの荒れ模様。このところ異常なほどよく見る

エンジンかけっぱなしの車による排ガスを流してくれるし、葉っぱが

落ちて森の見通しがいっそうきくようになるし、と、いまのところは

そんな感じのプラス思考でかまえて明日を待つとしましょう。

さて、日がささず、いっそう暗い店内ではだからこそ存在感が増して

くるちいさな古道具たちが、鈍い光でここぞとばかりにアピールを

してきます。


懐かしく心地よい音を響かせるベル(6000円)。布団をかぶせた

黒電話…? 伝え方が難しい鐘の音は店頭で直にお試しください。


チェコの古いガラス瓶(980円)。1970年代のもの。


子ども用ヴィンテージチェア(9000円)。かたちもいろも北欧の

雰囲気があります。張り替えが難しいつくりではありますが、

好みのテキスタイルをつかいリメイクするのもいいですね。


木製の浮き(400円)。おおざっぱにつくったドライフラワーを

さしてみたら、なかなかの好相性。ペンスタンドにもなります。


こういう日があるから、照明のあたたかさや本の深さや、ふだん

見過ごしてしまうことに気づけるものです。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page