top of page
検索

つぎはどの世界をのぞこう

こんにちは。

ことしにはいってはじめた、身近にあるのにしらないことばかりの

小さな世界をのぞき見するシリーズ。鳥、草ときて昨日は網走の

養蜂家関たかしさんを招いてのハチの会でした。

前半は蜜蝋キャンドルを手作りして収穫そのいち。後半はハチと

ハチミツ、そして養蜂家さんの営みを語ってもらって収穫その2。

こんかいもまた参加者それぞれのむねにある好奇心の種に

発芽をうながすような時間になったとおもいます。

僕自身、うまれて初めてのキャンドルづくりを楽しませてもらい

ました。蜜蝋だからこその匂いがいいし、やっぱり手製は愛着

湧きますね。ちょっと歪んだところもふくめて。


…え? ちょっとどころじゃないって? 

で、関さんを見送ってからふと考えました。次はどんな分野に

踏み込もう…と。おなじく足元にある鉱脈を掘り起こすもよし、

ちょっと高い壁をよじのぼって上半身を乗り出して文化芸術の

フィールドをながめてみるのも楽しそう。秋にむけて

考えてるとします。

ちなみに今日のメニューはもりだくさん。今週末のベーグルサンド

は、七飯町で自給自足にちかい暮らしを動物たちと営む山田農場

さんから届いた、健やかな牛のチーズをつかった『リコッタチーズ

と生ハム(430円)』。おやつには濃厚なしあがりの『チーズケーキ

(280円・珈琲とセットなら700円)』や焼き菓子数種。

「なすとひき肉の地粉カレー(850円)」もわずかに残っています。

そうそう、いぜんちらっと触れた珈琲をつかった夏のデザートの

正体は『グラニテ・カフェオレ(500円)』でした。しゃりしゃりに

凍らせた深煎り珈琲にミルクをあわせてアイスとスムージーの

あいだくらいの食感で召し上がっていただく、暑さ忘れる1品です。

そして今日からは、同じく深煎り珈琲の香味をみっちりと凝縮して

かためたゼリーを敷いたバージョン(680円)もラインナップ。

ゼリーはゼラチンではなく国産の天草からできた寒天だけを

つかってますので食物繊維もとれてしまいます。甘いものも好き

だけど苦い珈琲も好きでね、という複雑な味覚をお持ちのかたに

ぜひ味わってもらいたいです。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page