top of page
検索

ちいさな器展

入荷→手に取るひとたくさん→数週間で売り切れ

いつもそんな喜ばしいサイクルをたどる人気商品の一つ、牧野潤(めぐみ)さんの

陶器たちを、当店初登場のものもふくめて数種ならべています。

めっぽうささやかではありますが、HUTTE初の個展ということになります、はい。


人気のフリーカップから順にご紹介していきます。


黒単色が1500円、2色のは1800円です。お店ではカフェオレや

ほうじ茶ミルク用として重宝してますが、晩酌に愛用してるという方も。

シンプルだからこその万能性がうれしいですね。

持ち手が1つと2つのタイプがあるスープカップはともに2300円。


カレーやシチューなどスープ系ならなんでもOKの、こちらも使い回し

のきく一品かと思います。

存在感のあるケーキ皿は1600円。和菓子を引き立ててくれそうです。


そして、個人的にいちばん気になっているのが、ぽってりと

愛らしい水差し。2色展開で多少サイズが異なりますが、どちらも

4800円です。


光が似合います。そのままピッチャーでもいいけれど、

春には花を一輪。そんなふうにも使ってみたい。

どの商品も在庫僅少なのでお早めにどうぞ~。お電話での

お取りおきも承ります。

さて、すっかり日常を取り戻した丘にはやわらかな日差しが

降り注いでいます。きっと夕暮れも穏やかかつ美しいことでしょう。


「この夕日のいろ、哀しみを超えてくいろ」とsalyuがうたって

いますが、ここで生活しているとそのフレーズがしばしば

思いだされます。

フェイスブックにもどうぞ。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page