top of page
検索

ちいさなおみせからのお知らせ

いやはや、きょうの風は強烈も強烈でした。壁はギシギシと軋み、足元からは

どんどんと突き上げるような揺れ。さらに恐ろしかったのは、頭上から響くべこん

べこんという不吉すぎる異音。もしや屋根が飛んでオープンカフェに…?

風前の灯という悲しいフレーズが頭をよぎります。

仕事をおえ、どうか明日、無事にオープンを迎えられますようにと祈るような

きもちでドアを開けたら、人生初体験、ニュースでたまに耳にする「身体ごと

もっていかれるほどの強風」。この時間にいたって、ようやく収まりつつある

ようですが、明朝、店を見るのがちょっとこわいです。

さて、明日からの営業についてお知らせです。

おやつにはマフィンが2種。ラムレーズン入りとはちみつ漬けレモン入りを

用意しています。各250円です。

また、春の柑橘ジャムの新作として「はるか(500円/125ml)」も。こちらも

甘夏、レモンと同じく愛媛県の無茶々園産です。


書籍紹介は、新入学、新生活となにかとモノ入りな時期に、あえて

おすすめしたい2冊。


『ちいさいおうち』 バージニア・リー・バートン著

岩波書店 692円



『お直しとか』 横尾香央留 

マガジンハウス 1512円

時代も構成も何もかも違う2冊ですけど、僕としてはどちらも

大量生産・大量消費・大量廃棄があたりまえの現代社会に

むけて、こんな価値観ありますよと両手にもって高々と掲げ

たいという思いでくくれる本です。

継ぐ、繋ぐ、つづける。そんな習慣を大切にしている、または

これから身につけていきたい人に。

置き本にクウネルの最新号もありますよ。

では明日からお待ちしております。

ちいさなおみせがどうか無事でありますように。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

Comments


bottom of page