top of page
検索

こんな英語教材をまっていた。

英語が話せたらいいよなあ、としばしばおもうけれど、でも英会話スクール

にかようほどのモチベーションはないし…もっとこう、勉強感うすいめで英語

に触れられたら…。ながいあいだ感じていたそんな渇きをいやしてくれる本

と出合えました。



「LITTLE HOUSE IN THE BIG WOODS」

著/ローラ・インガルス・ワイルダー 訳・絵/安野光雅

朝日出版社 1815円

日本でも人気を博したテレビドラマ「大草原の小さな家」の原作に、安野

さんが訳と絵をつけて現代へ。



なごむ絵と



付属している、対訳つき原文のちいさな別冊と朗読CDで、みて、よんで、

きいて多角的に英語が学べる構成になっています。なんというか、

まなびたい気持ちにたいして、価格もふくめてあたたかい親切心をとても

かんじます。

このへんにかんしては作者の安野さんも、「本を描き、英語と絵を並べて

英語の難しいところを絵で補えば、もう1度英語を勉強しようとおもう人に

役立つのでは」といったかんじで制作にこめた思いをあかされています。

題材にかんしんが湧けばわくほどとうぜん脳はオープンになるもので、

自然との共生が綴られたストーリーと、そのよみやすい訳に、絵に

誘われて、お勉強がずいぶんすすみました。

もういちど英語としたしみたいというかた、そのなかで自然が好きな人

にはほんとうにおすすめです。

と書いている前日に、じつは売り切れてしまいましたのできょうは取り寄せ

リクエストの募集でのご案内です。

ちなみに買ってくださったのは「もうちょっと字をおぼえたときの孫のため

に」という女性。たしかに贈りものにもよさそうですが、こちらはご自身の

本好きを知ってるので、手放せなくなるかもしれませんよ~という心配を

口のなかでもごもごさせつつ送りだしました(笑)。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page