top of page
検索

きょうもまた書籍紹介と新作ジャム

こんにちは。

きのうきょうと製作中の柚子とショウガのジャム。まずまろやかな甘みと

柚子ほんらいの澄んだ酸味、それを覆うようなかんじでショウガの苦み

があとからと、素材ごとのおいしさをきちんと伝えられる仕上がりになった

とおもいます。3倍ほどのお湯で割れば、この季節とくに身体がよろこぶ

柚子茶にも。数量限定で今週土曜からの登場です。


つづいて連日の本の紹介です。


左「ハーブのサラダ」 著/冷水希三子 1,728円

右「世のなか 食のなか」 著/瀬戸山玄 1,836円

発行(共に)/アノニマスタジオ

冷水さんの本はどの料理も素材の色づかいが美しくて端正

で、まじまじと見とれてしまうことがよくありますが、こちらの

サラダレシピ集も白のプレートに食材が鮮やかに映えて、

眺めるだけでもたのしめる1冊になっています。

ごく個人的な感想でいえば、上手な活かしかたがわからない

ものだから、ぜんぶあんたが悪いとスギナのせいにしてつい

ほったらかしちゃうなんちゃって菜園に来年こそきちんと向き

合おうと、そういう気持ちになりました。いままで植えたものに

手を入れなおして、新顔も育ててみたい。まずは野生に

もどってみるみる巨大化したフェンネルに謝らなきゃ。



「世のなか 食のなか」はドキュメンタリストの瀬戸山玄さんが

日本各地でしずかにそれでいて揺らがない光をはなち続ける

食材や食にまつわる営みを訪ね歩いた取材記録。日本古来の

食文化が損なわれていくことへの危機感が発刊のきっかけに

なったそうで、だからそれを守る人々への敬意が文脈ににじみ

でて、読んでいてじんわり熱くなるものがあります。



効率を最優先にして機会的に均一的につくられる食べもの

と、素材に忠実に手間ひまを惜しまずつくられるもの。

どちらを食べるかということは別にして、その境界はきちんと

把握しておきたいものです。 

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page