top of page
検索

おいしい小豆いりのケーキがあります。






こんにちは。

けさの窓からのながめです。刻一刻とすがたをかえていく雲が、

角度をかえたり、筋状にちぎったりとさまざまに手をくわえながら

陽光を地表にながしていました。

たった数秒のあいだ目を逸らしただけで光のさすむきもつよさも

おおきくかわっていきます。つぎにみたときはどうなってるんだろう

と期待しながらみつめていると、なんだか対話してるような気が

しました。はっきりとことばを口にするわけではないけど雲に問い

かけて、かたちの変化で応えてもらって、そんなやりとりで。

たとえば仕事に追われていたり、あるいはテレビやインターネット

にすがるようにして情報を浴びつづけている毎日のなかでは、

飲みこむのに精いっぱいで、じぶんがそうやってなにかにむけて

気持ちをぶつけたり、もっというと気持ちをつくることすらしなく

なって、もうたたの塊になってしまいがちな気がします。それは

寂しいしこわい。ただそこに存在しているものに寄ることで、

自分ともむきあう。風景をながめるということは、つまりそういう

プロセスなんじゃないかなと、そんなふうにも思いました。


話かわって今日あすのおやつをご紹介します。

町内産の小豆で焼いたケーキです。カットしたもので200円、

半分くらいのパウンド型で500円でお出ししています。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

Comments


bottom of page