top of page
検索

『空をみあげる 4月29日』のこと





毎日あたらしく多彩で、ときに想像をこえる空のデザイン。

やわらかいオレンジ色で1日の疲れをほどいてくれたり、

目の覚めるような朝の光でガツンと尻をたたいたり。かと

思えば黒灰色の禍々しい雨雲で力をみせつけて頭を抑え

つけてみたり。そんな具合に空は刻々とすがたかたちを

かえながら、僕らの心に作用してきます。

身近な自然にフォーカスする勉強会、鳥のつぎはその空

をまなびます。

『空をみつめる』 

4月29日(水曜・祝日)

10時30分~12時30分

春の空についてのあれこれにはじまり、彩雲系のめずらしい

雲の話、そして漁火光柱や夏の雲海など、オホーツク界隈

で見られる壮観な気象現象のこと。さらに厳冬の朝にしか

みられない四角い太陽、あるいはオホーツク海特有の蜃気楼

現象として最近話題の幻氷などの専門的な解説もきけて

しまう2時間です。

 講師は佐藤トモ子さん。何年にもわたってオホーツクの空を

見つめ続けてきた気象予報士さんです。

定員9名 会費500円 応募締め切りは4月20日といたします。

お電話、メール、店頭にてお申し込みください。

話かわって、ここのところのキッチン班は、愛媛からとりよせた

おいしく瑞々しい春の果物をつかってジャム作りに熱中して

いる模様。できあがったらまた案内したいとおもいます。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page