top of page
検索

「犬は愛。」石田ゆり子さんの『はなちゃんの夏休み』

犬がすきなひとや、家族のありかたにしばしば思いを馳せる

ひとに読んでほしい1冊『はなちゃんの夏休み』をご紹介

します。

はなちゃんこと愛犬のラブラドールが糸井重里さん家の

ブイヨンに宛てた手紙というスタイルで書かれ、「ほぼ日刊

イトイ新聞」上に連載。人気を博した女優石田ゆり子さんの

人気エッセーを書籍化したのが本書です。

ゆるく笑いを誘うはなちゃんの(じっさいは石田さんによる)

とぼけにどぼけた調子のうらがわにすけてみえるのは、

犬と飼い主、同居する猫たちのあいだにねづく絆。

家の空気が信頼感で満たされていれば、とくべつなんにも

なくてじゅんぶんだよなあとあらためて思ったり、「犬は愛。

愛するために、愛されるために」との石田さんのひとことに

ぐっときて、むかし飼っていた犬とのよい思い出がふわっと

よみがえったり、読後はそんなささやかな幸せに浸らせて

もらえました。

そして、「ナマケモノのいる森で」をはじめて読んだときに、

この1冊が人の手にわたればわたるほど世界はすこし

ずつ平和になっていくんじゃないかと、そんなふうに青臭く

直感したものですが、おなじ作用がこの本にも。

在庫1冊、税込1512円です。

ちょっと心がささくれたときにもぜひ。

さいきんあらためて本やことばのもつ力を信じています。

いつでもひとりで学べる。読む状況がちがえば解釈も

さまざまあって、そのさきの発見もまたあたらしかったりする。

そんな思いもあって、今月中にまたいろいろと入荷します。

北欧の毛糸が届くのにあわせて編み物系も。

どうぞお楽しみに。


閲覧数:0回0件のコメント

Comentarios


bottom of page