top of page
検索

「森ジャムin下川町」に参加して。

こんにちは。

今日も朝から暑い清里。窓をあけても気温が一向にさがらず、もはや小説「極北」

のなかに涼を求めるしかありません。熱をうしなった近未来を舞台に、極北の地

に生きる体温の低そうな主人公が淡々と綴る身の上話。夏にありがたい1冊です。

さて、12、13日と参加させていただきました「森ジャム」in下川町。おおむね天候にも

恵まれ(2日目は開始と同時に雨があがるという、天の粋な采配が)、スタッフもお客

さんも青空のしたでとてもいい顔。スタッフのみなさんが日ごろから丹念に手入れ

しているという森につくった会場はやさしいトーンで統一されていて、僕らもとても

寛いだ心持ちですごさせてもらいました。


2日目の抜けるような青空。会場の全体像、そして森のなかに展開した

LOPPISコーナーの写真がないのでせっかくのムードを伝えきれないのが

残念ですが、HUTTEデスクはこんな感じになりました。



お隣は半年前、「あえて」和寒にオープンしたカフェ「nido」さん。地方の小

都市に根をおろし、古いものを大切にしているスタイルには親近感を覚え

ます。いつかお店も訪ねたい。


別会場ではチェンソーアートのコンテストが11日から3日間ぶっつづけで

開催されていました。参加者の一人、スティーブン・ヒギンズさんは当店の

オートミールクッキーが口にあったようで、おかわりしてくれました。


精巧な造りはもちろん、フクロウとクマのやさしい目に釘付け。

スティーブン、きっと動物好きのやさしい人柄なんだろうな。

「森好き」。あれこれ詰めこまないで、そんなシンプルな思い、コンセプトで

芯がとおってたから会場には柔らかな一体感がありました。

よい居心地でしたし、通じるものがある知り合いもふえました。

来年また開催がきまった暁には、いの一番に手を挙げたいとおもいます。

そして気心知れたお客さんも巻き込んでお邪魔しつつ、チェンソーアート

もバイオマスライブもイベントをまるごと味わいたい。

最後にスタッフのみなさん、参加者のみなさん、お客さん、

ありがとうございました。とてもいい時間でしたね。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page