top of page
検索

「北海道の木でつくる暮らしの道具展」5日間

こんにちは。

予報によると、今日のオホーツク地方はおおむね昨日より5℃ほど低い

気温なんだそうで。じっさい日がかげると肌寒く感じられますし、この週末、

こちらへ足を伸ばすという方はどうぞ長袖の準備をお忘れなく。

さて、9月のイベント第2弾、島牧村の木工作家吉澤俊輔さんによる

『北海道の木でつくる暮らしの道具展』、詳細が固まってきたので

あらためてお知らせです。

会期は今月20日(金)~24日(火)のHUTTE営業時間中。シンプル

ながら木肌の美しさが際立つテーブルウェアなど、生活に取り入れたい

アイテム数種が並びます(ラインナップはまた後日発表。写真は一例です)。



なお、それに先んじて19日には吉澤さんによるワークショップ

「北海道の木でスプーン作り」こちらは参加費1500円(材料費込み)

で、定員5名(先着順)となっております。時間は13時スタートで歓談しながら

3時間程度の予定です。ナイフなどはこちらで用意しますが、もし使い慣れた

刃物をお持ちの方はどうぞご持参ください。また多少汚れてもよいかっこうで

お越しいただければと思います。

お申し込みは電話または下記アドレスまでメールでお願いします。

toot10.17@gmail.com

ところで、なぜ吉澤俊輔さんなのか。その理由は、彼のHPをみてもらえれば

きっとお分かり頂けると思いますが(島牧の深くてうつくしい自然風景が描写

されているブログはとくに必読)、簡単に言えば、作家としてのコンセプトと

人としての思想や価値観に深く賛同しているから、です。すなわち生まれ育った

場所の風土を敬い慈しみ、その力とともに生きている。それも無理することなく。

その軽やかに自然と協調する姿勢と、そこから発信されるものごとが好きなんです。

緑と潮風が薫る海辺の小さな村からやってくる人とモノ、今から楽しみでなりません。



フェイスブックでも情報発信中です。

閲覧数:0回0件のコメント

関連記事

きのうはどうも…

こんにちは。 なんと名付けたらいいのか、このきもち。例年よりはやく 冬支度を済ませてしまったらしいウトロなのにもかかわらず、 「チラシ見ましたよ」とか、「ひさびさにブログみたら」と 言いながら顔を出してくださるかたがいて、しかもみなさん ついこのあいだあったばかりのようなちかさで話してくれる のが心地好くて嬉しくて、ほんとうにありがたく感じつつも、 感謝という概念におさまりきらない深い思いがあるの

Comments


bottom of page