top of page
検索

「あたまにつまった石ころが」

絵本としては風変わりなネーミングですが、実話をもとにした

とても良い本です。

「あいつの頭には石が詰まっているのさ」と嘲笑されるほど

石が好きで好きでたまらなくて、石をあつめ、知ることに

生涯をささげた一人の男性。その一途なあゆみが、苦労を

ともにしながらも慕い寄り添ってきた実の娘によって語られる

ノンフィクションです。

社会がつくった階段を上へ上へ登る。それだけが人生じゃ

ないよ、と。世間の目を気にしなければ、もっとおおらかで

心地よい生きかたがみつかるよ、と。

「父ほど幸福な人生を送った人を、わたしは他に知りません」

という結びの言葉のうらに、そんなメッセージが隠れている

ような気がしました。

人生の勝ち組、負け組なんてフレーズが意味をなくしつつ

ある昨今。家族からそう称えられる瞬間は人生における

最高の勝利じゃあないか。そんなふうにも。



「あたまにつまった石ころが(原題:Rocks His Head)」

税込1512円

軽やかなタッチもいいです。

今日は「ビスケット(160円)」や「黒豆スコーン(200円)」

などテイクアウトできるおやつも焼きあがっております。


閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page